個人経営なら、SNSで集客率を上げよう!

SNSでお客さんを呼び込もう!

ビギナーでも出来るSNSを使ったアピール方法!

無数にあるSNSの中から、利用者の年齢層が比較的高く実名登録を採用しているFacebookと、利用者は年齢問わず短文で投稿を続けやすいですが、物議を呼ぶことも多いTwitterをお店やサービスのアピールに使う利点と欠点について知っておきましょう。

SNSの効果的な使い方

「SNSをアピールに使えるって聞いたけど、どのSNSにしたらいいか判らない」、「Facebookは前からやってたけど、どうも店の情報があまり拡散されないような気がする」、「TwitterでつぶやくとTwitter上では話題になる事も多いけど、どうも集客につながっていない気がする」、「インスタグラムって話題だけど、どうしたら店のアピールに使えるの?」、このようなSNSをアピールに使うことに関して個人事業者の方は疑問や懸念があると思います。
そこで、このサイトでは、代表的なSNSをアピールに使う際のメリット、デメリットやアピールに向いているSNSとしてインスタグラムについてご紹介いたします。

まず代表的なSNSとして、実名登録が特徴であるFacebookと良い情報も悪い情報もとにかく拡散力があるTwitterを、アピールに使う際のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

SNSのビギナーで店舗のアピールを行いたいのなら、現在一番向いているSNSは、写真や動画が投稿の中心であるインスタグラムだと言えるでしょう。
インスタグラムがビギナーでも投稿を継続できる理由とアピールに向いている理由をご紹介いたします。

インスタグラムは、集客力のあるSNSですが、漠然と投稿していても集客にはつながりません、そこでインスタグラムが集客につながるコツとして、「インスタグラムの利用者の傾向」と「写真撮影のテクニック」を説明します。

SNSビギナーの個人経営者にインスタグラムをすすめる理由

「インスタ映え」など世間的にも注目されているインスタグラムですが、実は個人経営者でSNSビギナーの方におススメしたいのです。 なぜなら、「投稿が続けやすい」、「お店の商品のアピールをしやすい」、「集客につながりやすい」からです。 インスタグラムについてご紹介いたします。

インスタグラムのテクニック!

「インスタグラムを始めればお客が来る」と安直に考えて、ハッキリしない写真に安いとか新発売とか、お決まりの売り文句を添えても集客にはつながりません。 インスタグラムではどのような写真、動画が好まれるのかを的確に把握し、多くの人に自分の投稿を見てもらいましょう。

TOPへ戻る